活動報告

 

ウサギのキャラクター「マルタ」も財団のマスコットとして活躍しています。

◇第17回「花まつり」がオンライン開催
開催日:2020年4月25日(土)~27日(月)
仏陀降誕の4月8日は、「花まつり」の日として昔から親しまれています。
2004年からアートを通してこの日をさらに多くの人々に知ってもらい、祝ってもらおうという意図で、当財団の代表理事/宮島永太良プロデュースによる -チャリティーアートの祭典「花まつり」- が始まり、今年で第17回を迎えました。この間ミーツギャラリー等で催されてきましたが、本年は新型コロナウィルスの感染防止策によりギャラリー開催をやめFacebook上での初のバーチャルギャラリーとして、小高嘉照氏、原雅彦氏、シモン都霞氏、そして宮島永太良の作品を、2020年4月25日(土)~27日(月)までの3日間紹介した。

第17回「花まつり」

拡大▲


◇2019年作「みんなの演奏会Ⅸ」原画を寄贈
寄贈日:2020年2月7日(金)
場 所:NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト事務局
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通3-33 関内フュ―チャーセンター164
http://childrenshospice.yokohama

2020年2月7日(金)、2019年〜若い命を支えるコンサート「生きる」〜のポスターやパンフレット用に宮島永太良が描いた「みんなの演奏会Ⅸ」の原画が、NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトに寄贈された。コンサートが終わると前年の原画は、難しい治療を行う病院の小児科などに贈られ、今回で9作目になる。寄贈式は、15時から横浜の馬車道にある横浜こどもホスピスプロジェクト事務局で行われ、原画は宮島から代表の田川尚登さんに手渡された。

2019年作「みんなの演奏会Ⅸ」原画を寄贈

拡大▲


◇第13回「生きる 若い命を支えるコンサート」
主 催:毎日新聞社、クラシック・ヨコハマ推進委員会、横浜市
開催日:2020年1月19日(月・祝)
会 場:横浜みなとみらいホール 大ホール
所在地:横浜市西区みなとみらい2-3-6
2020年1月19日(日)午後3時過ぎから、「小児がん征圧キャンペーン」の一環として、宮島永太良がポスターやプログラムの表紙に作品を提供、素晴らしい音楽家たちが病の子どもたちを激励し続け、今年で第13回を迎えた「生きる~若い命を支えるコンサート」が、横浜みなとみらいホール大ホールで開催された。出演者は永峰大輔さん指揮による神奈川フィルハーモニー管弦楽団、バイオリンの石田泰尚さん、ピアノの仲道郁代さんに第73回全日本学生音楽コンクール全国大会年代別各部門上位3名が加わった。そして、「生きる」公式キャラクターのマルタは、今年も舞台上で司会とインタビューを行なった。

第13回「生きる 若い命を支えるコンサート」

拡大▲


◇認定NPO法人 Smiling Hospital Japan
本物のアートを入院中の子どもたちに届けるスマイリングホスピタルジャパン!


 

◇ホスピタルアート普及協会
アートの展示活動を通じて、病気や治療に対する心配や不安を少しでも和らげたい


 

◇月刊宮島永太良通信
宮島永太良の日々の活動状況がわかります!


 

◇マルタの冒険プロジェクト
財団のマスコット、ウサギのキャラクター「マルタ」のホームページ