活動報告

 

ウサギのキャラクター「マルタ」も財団のマスコットとして活躍しています。

これからの主な活動予定

2021年「花まつり」の開催決まる
日 程:2021年4月16日(金)~17日(土)
*詳細は次号に掲載


活動報告


◇宮島永太良作品「寺島文庫通信」の表紙を飾る
発行日:2020年12月20日(日)
掲載誌:「寺島文庫通信」Vol.67
発行元:寺島文庫
所在地:東京都千代田区九段北
http://www.terashima-bunko.com

TBSテレビの長寿報道番組サンデーモーニングなどで鋭い持論を展開する注目の評論家で、多摩大学学長でもある寺島実郎さん。氏の動向を伝えるオフィシャルニュースレター、2020年12月20日発行 ‘寺島文庫通信 Vol.67’ の表紙に宮島永太良作品「みんな演奏会(マルタの冒険)」が掲載された。

寺島文庫通信 Vol.67

拡大▲


◇ 第14回「生きる 2020X'mas 若い命を支えるコンサート」が開催
開催日:2020年12月18日(金)
会 場:横浜みなとみらいホール 大ホール
所在地:横浜市西区みなとみらい2-3-6

2020年12月18日(金)19時、「小児がん征圧キャンペーン」の一環として、宮島永太良がポスターやプログラムの表紙に作品を提供、素晴らしい音楽家たちが病気の子どもたちを激励し続け、この夜で第14回を迎えた「生きる~ 2020 X’mas 若い命を支えるコンサート~」が、コロナ禍のため聴衆を半数に減らし、横浜みなとみらいホール大ホールで開催された。また、今回のために宮島が描いた「光の演奏会Ⅰ」の原画は会場ホワイエに展示された。

生きる 2020X'mas 若い命を支えるコンサート

拡大▲


◇当財団ホームページに「ミュージアム」が加わる
追加掲載日:2020年10月31日(土)

2020年10月31日(土)に定期更新された当財団ホームページに新たなコンテンツ「ミュージアム」が加わりました。内容は代表理事・宮島永太良が頭と体の健康を考え制作した財団マスコットのマルタたちを題材にした「からだクイズ」と「まちがいさがし」です。なお、今後は季節ごとの更新を予定しています。

新コンテンツ「ミュージアム」

拡大▲


イベント以外の活動・リンク

病院への絵画1
「生きる~若い命を支えるコンサート」でポスター、プログラム表紙に使用 された宮島作品を、毎年、横浜市内の大学病院等の医療施設へ寄贈。
(協力:毎日新聞社)

病院への絵画2
銀座の「健康院クリニック」で、来訪者の心身をリフレッシュ、リラックスさせる美術作品の企画構成を行う。
(協力:ミーツギャラリー)


◇認定NPO法人 Smiling Hospital Japan
本物のアートを入院中の子どもたちに届けるスマイリングホスピタルジャパン!


 

◇ホスピタルアート普及協会
アートの展示活動を通じて、病気や治療に対する心配や不安を少しでも和らげたい


 

◇月刊宮島永太良通信
宮島永太良の日々の活動状況がわかります!


 

◇マルタの冒険プロジェクト
財団のマスコット、ウサギのキャラクター「マルタ」のホームページ