活動報告

 

ウサギのキャラクター「マルタ」も財団のマスコットとして活躍しています。

これからの主な活動予定

- 生きる 2020X’mas 若い命を支えるコンサート -
日 時:2020年12月18日(金曜日) 午後7時開演
会 場:横浜みなとみらいホール 大ホール
*新型コロナの対策のため座席数は2分の1になります。
所在地:横浜市西区みなとみらい2-3-6
最寄駅:みなとみらい線「みなとみらい駅」徒歩3分
山崎 伸子(チェロ)
小林 愛実(ピアノ)
田中 祐子(指揮)
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
第74回全日本学生音楽コンクール入賞者(部門未定)
詳細はこちら https://yokohama.mainichi-classic.net/live/





活動報告


◇マルタの紹介記事が「あかいはね」に掲載
発行日:2020年9月1日(火)
掲載誌:あかいはね vol.31
 発行元:社会福祉法人神奈川県共同募金会
所在地:横浜市神奈川区沢渡4-2
http://www.akaihane-kanagawa.or.jp/

2020年9月1日に社会福祉法人神奈川共同募金会から発行された“あかいはね” にマルタがとりあげられました。掲載された記事全文を転載します。
・赤い羽根サポーター“マルタ”が応援しています!
tvk(テレビ神奈川)の番組「Weather report」(土曜日朝6時55分)に出演中の“マルタ”は、絵本「マルタの冒険」(宮島永太良作)の主人公で、全国各地で開催されるイベントにも出演している人気キャラクターです。ことしも、神奈川県の「赤い羽根サポーター」として、共同募金を応援してくれます。県内のイベント会場では、赤い羽根とコラボした限定缶バッジを配布します。

あかいはね vol.31

拡大▲


◇「ツナガリウィークエンド in ヨコハマ2020!」がオンライン開催
開催日:2020年9月 毎週日曜日
マルタも応援し、毎年4月ヨコハマプロジェクト主催による「ツナガリウォーク」はコロナウィルス感染拡大防止のため、今年は日程を移し、オンライン型イベント「ツナガリウィークエンド in ヨコハマ2020」として9月の毎日曜日に開催されました。

ツナガリウィークエンド in ヨコハマ2020!

拡大▲


◇代表理事・宮島永太良が神奈川歯科大学を訪問
訪問日:2020年8月17日(月)
場 所:神奈川歯科大学
所在地:神奈川県横須賀市稲岡町82

2020年8月17日(月)午後、宮島永太良は神奈川県横須賀市にある神奈川歯科大学へ向かい、日本の解剖学の権威で元神奈川歯科大学大学院教授の高橋常男さんと対談を行った。その模様は、9月27日更新「月刊宮島永太良通信」127号から掲載されます。

解剖学の権威・高橋常男さんと対談

拡大▲


◇宮島永太良 代表理事挨拶
一般財団法人「健康とアートを結ぶ会」は6月27日で創立2年を迎えました。「アートを心のサプリメントに」をスローガンに、人々の健康維持や病気の治療にアートを役立てようという試みで始まった当財団です。この2年、マスコットを案内役にした展覧会「マルタのからだステーション展」をはじめ、子供の健康を促進する各スポーツイベント等でも、アートの面から協力して参りました。今年に入ってからの新型コロナウィルス禍では、今まで以上に医療、そして命について多くを考えされました。当財団も、一人でも多くの方の感染を防止するため、YouTubeを通じて、うがい、手洗い、ソーシャルディスタンス等を呼びかけています。一日も早くの収束を願いつつ、これからも当財団は、皆様の健康を感性から支える一翼を担いたいと考えています。

一般財団法人「健康とアートを結ぶ会」

拡大▲


イベント以外の活動・リンク

病院への絵画1
「生きる~若い命を支えるコンサート」でポスター、プログラム表紙に使用 された宮島作品を、毎年、横浜市内の大学病院等の医療施設へ寄贈。
(協力:毎日新聞社)

病院への絵画2
銀座の「健康院クリニック」で、来訪者の心身をリフレッシュ、リラックスさせる美術作品の企画構成を行う。
(協力:ミーツギャラリー)


◇認定NPO法人 Smiling Hospital Japan
本物のアートを入院中の子どもたちに届けるスマイリングホスピタルジャパン!


 

◇ホスピタルアート普及協会
アートの展示活動を通じて、病気や治療に対する心配や不安を少しでも和らげたい


 

◇月刊宮島永太良通信
宮島永太良の日々の活動状況がわかります!


 

◇マルタの冒険プロジェクト
財団のマスコット、ウサギのキャラクター「マルタ」のホームページ